07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デトロイト美術館展

2017年 01月09日 23:44 (月)























ドビュッシー  喜びの島


























2017年の幕を開けて早9日経ってしまったが、

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。




















さて、
タイトルのこのデトロイト美術館展はどうしても月曜日か火曜日に主人と行きたかった。
二人共通で好きなアーティストばかりのこの展示の写真が撮れる!

唯一一緒に行ける日は1月3日のみ。

駅伝の応援に駆けつけた後、
上野の森美術館へ。

チケット前は長蛇の列!
でも入場制限はされていない。

「会場内は大変混雑しております。」
というアナウンスがあったが、
この日を逃しては行けないので、
人混み大嫌いな私達は、頑張った。









ピサロ









モネ









ヴァロットン









以下6作品はドイツのアーティストで、
全てに何か共通する独特な深い色合いとタッチが妙に響いてしまった。
































































モディリアーニも数展展示されていた。
こちらが1番お気に入り。























けしの花






何と言っても、やはり、マティス♡

新婚当初訪れたオランジュリー美術館で、
一枚のマティスの絵から目が離せなくなった私達。





他にも大好きなピカソやココシュカの絵も沢山撮ってきたのだが、
SNS投稿等一般公開禁止の絵画もあって、
残念ながら、このブログに残すことは出来ない。

















人に酔ってしまったせいか、


上野の森美術館を出ると、
冷たい空気が気持ちよすぎる。

少し歩こうということで、
東大キャンパスを横切った。


















今日は、母の祥月命日。
15回忌。

今年は酉年、
生きていたら、年女で84歳になったのね。





















今の私の年齢の時に初孫が生まれ、
まだまだ50代の母は、孫におばあちゃまと呼ばれたくないと言っていた。
長男がいつからか タータン と呼ぶようになってその呼び方が定着した。
なので、家族は皆タータンと呼ぶようになり、
他界してもずっとタータン。




















一本の白髪も許せないような黒髪の母から
もし生きていたら84歳である姿を
想像するのは難しい。




















にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。