10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅するルイヴィトン展

2016年 05月23日 08:18 (月)












































VOLEZ VOGUEZ VOYAGEZ と題されている
LOUIS VUITTON のEXHIBITIONは、
紀尾井町で4/23~6/19まで開催されている。



旅を目的とした数々のヴィトンの歴史とアイテム、それはそれは素晴らしい展示だった。












1875年に、縦型ワードローブ・トランクが初めて生み出され、
旅のスペシャリストとしてのルイ・ヴィトンの成功が確固たるものとなる。
その後のストーリーを継いだのは、
息子のジョルジュ・ヴィトン
孫のガストン-ルイ・ヴィトン

あまりにも有名なモノグラム・キャンパスが誕生したのが1896年ということで、
なんと120年も前なのね!



















ダミエも相当昔からでちょっとびっくり!
































↑これは、絵画運搬用のトランク


















うわぁ♡ 素敵過ぎる♡









レコード保管用トランクの他にも
ギターケース、
ヴァイオリンケース、
スティックケース、
等々もあり、
興味深い!





















↑↑

おなじみ、
村上隆、草間彌生 とのコラボレーション。










わぉ! 板垣退助の専用トランク!

そして、畳の縁のモノグラム!










もう一回行きたい!














脳内がヴィトンになってしまい、

そういえば、WICに昔のヴィトンが保管してあるはず!

ということで、ゴソゴソ。




ルイヴィトンのバッグや小物など、
10~20代の頃どこへ行くにもいつも一緒。


















大学に進学するやいなや、
私の通う大学のキャンパスにはヴィトンのバッグや小物で溢れていた。
私もバッグはヴィトンよね~!
などと恥ずかしくなるほど生意気な言葉を発し、
お財布、キーホルダー、ポーチなど小物も含め次々と親にねだった。














私の使い方が乱暴なのか、
重いものを入れすぎたのか(一応仏文科だったのでフランス語の辞書や原書など結構な重さ)、
持ち手がちぎれてしまう事がしばしば。
保管が悪かったのか、ベタベタしてしまうものもあったりで、
直営店で買っているのになんだかな~
と思っているうちに、
好みが移行していった。




今や全く使うことがなくなってしまったものばかりだが、
WICにまだこんなに仕舞い込んでいたのにちょっとびっくりした。
















にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

Bling-bling PINK-pink‼︎

2015年 01月30日 19:22 (金)
























ショパン マズルカ第5番
























最近、アメリカで「bling」 とか「bling bling」という英語の俗語が流行っているらしい。。。
ちょっと調べてみた。
昔は、「bling bling」は銀やダイヤモンドが光を反射する時に使われている擬音語だったけど、 
意味が段々広がってきて、派手な宝石類や時計を説明する時ににも使われるようになったのだとか。
そして近年、「bling-bling」は上品という意味を含んで使われるとか!

なるほど!!




















このボディースムーサー、お気に入り。
























今日は、東京も雪、、、
降り続くのかなぁ~?と思っているうちに雨に変わった!
あとのことを考えれば、よかったよかった・・・・


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

キャベツの千切りパック

2014年 07月19日 00:58 (土)











先週、我が家での一騒動。
他人様にとっては、どうでもよい話!










ベートーヴェン ピアノソナタN0.21 ワルトシュタイン












冷蔵庫の野菜室に、買った覚えのないキャベツの千切りのパックが、入っていた!










製造年月日は、7月9日。
消費期限は、7月12日。




その日のおかずの豚肉の生姜焼きにはキャベツの千切りはピッタリなので、
私は使ってしまおうと思った。

家族の誰かが、ローソンで買って黙って野菜室に入れて忘れているのだろうくらいにしか思っていなかったが、

まあ、口に入れるものだし、
一応誰が買ったか聞いてみようと、familyにLINEを送ったところ!

返事は全員、NO!!
















以下の可能性に絞られた。

先ず、
次男が最近毎晩のように酔っ払って終電帰宅なので、訳がわからず酔った勢いでコンビニで何かを買う時にキャベツも買ってしまったという可能性。

何か変!?(・_・;?よね~?


次に、
夫と私のどちらかが加齢による物忘れ。



私は確信していた。
私は、ローソンには行ってないと!

昔、夫がキャベツの千切りを買ってきたことがあったような気がする事から、
私は夫を疑った・・・

人のことは言えないけれど、
夫も物忘れレベルアップ凄いので・・・

つい2~3日前にローソンで買ったキャベツの千切りパック
のことを完全に忘れているとしたら、
でも、これって大変な事!!

まさに、若年性アルツハイマー((((;゚Д゚)))))))

物凄く憂鬱になり、とともに、
どうしても解明したい!
















私が野菜室から発見したのは、
10日の夜、夕食前のこと。
ということは、9日、10日のどちらかの出来事。

家族全員で、その2日間の行動をよ~く思い起こして検証してみた結果!


9日の日、私は次男の運転の練習に付き合い、都内をあちこち二人でドライブ。
最後はデパートに車を停めて、
私はデパ地下で大量の食糧を購入し、
サービスデスクに購入品を全て預け、
上階で欲しい洋服をチェックしている次男と落ち合う。
8時に、パーキングに食糧品が届くようお願いしてある。
その間、デパートの冷蔵庫で保管してくれるという素晴らしいサービス。
そのデパートの大きな冷蔵庫から私の購入品紙袋3個を運ぶ時に、
何かの手違いで、キャベツの千切りパックが私のその紙袋の中に飛び込んでしまったのでは!

すっかり帰りが遅くなり、
大慌てで夕食の支度。(お寿司など並べただけ(・_・;))

買ってきた食糧品は、取り敢えず大雑把に冷蔵庫に入れた記憶がある。
その時、キャベツの千切りパックもどさくさに紛れて野菜室に収まってしまったのでは!
という見解に達したのだが。。。

実は、この日、次男が、ビルの駐車場を出る時に壁に擦りぶつけてしまったのだ。
それも結構派手に!!
私が助手席に乗っていながら、
こんな失態をやらかしてしまい、
結構落ち込んでしまった私。
気も漫ろだったのかもね。。。

とまあ、これに間違いなしということで、一件落着(*^^*)















子供達は、
主人か私の、若年性アルツハイマー発症かと思ったらしく、

私は主人を疑い、
主人は私を疑い、

短時間とはいえ、
それぞれ皆が、とてもとても憂鬱で将来の見通しが暗くなる辛い時間を過ごしたのだった。。

















今の幸せ、もっと大切にしなきゃと、
何か妙にしんみり思った。














我が家は、この手の摩訶不思議な事件が時々起こる!
なんなんでしょう。。。
その度に、大騒ぎ\(◎o◎)/!





にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

大雪

2014年 02月08日 13:16 (土)









ドビュッシー 子供の領分から
4.雪が踊っている




















丁度20年前のまさにこの時期!
東京に大雪が降りました。

私は今にも生まれそうな大きなお腹で、
実家の自分の部屋のベッドから外の雪を
ぼんやり眺めていました。

屋根のあるバルコニーにも沢山の雪が入り込みかなり積もっていました。

私の妹が、そのバルコニーに積もった雪で大きな雪だるまを作ってくれたのです。
私がベッドからよく見える位置に。。。

感激して、涙が止まらなかったことをよく覚えています。

おしるしや陣痛を感じることはまだ無かったのですが、
お腹の張りが痛い程で、
起きているのが辛かったのです。










2月13日の朝、はっきりとお産の兆候を感じ取ったので、入院の用意をして大学病院に向かいました。


とても良いお天気になったのですが、
積雪が凄すぎて、
実家の駐車場から車を出すことが出来なかったのです。

仕方なくタクシーで向かったのですが、
実家からその大学病院迄はちょっと距離がある上、雪の影響でとても時間がかかりました。
タクシーの中で間に合わなくなってしまったらどうしようと気が気ではありませんでした。

病院に着くと、安心したのか
陣痛が遠のいてしまいました。










予定日は、16日。
長男は予定日の二日前に生まれたので、
次男も二日前に生まれてくれれば、
バレンタインなんだけどなぁ~

バレンタイン生まれの男の子がいいなぁ~

そんな事をずっと思いつつ、
いやいや五体満足で生まれてきてくれれば何も望む事などなし!と。。。










すぐにはお産が始まりそうもないほど、
安定してしまったので、
主人は、13日の夜遅くにマンションに戻りました。
マンションは、大学病院から車で10分程なので、
異変が起こったら直ぐ飛んできてもらえる距離です。









主人が横に居なくなってしまい、
殺風景なひとりぼっちのお部屋で不安になってしまいました。

そうこうしているうちに、
本格的な陣痛が始まって、
あれよあれよと言う間に、
14日2時42分、
3872kgの大きな男の子が誕生したのでした!

主人は、マンションに着いた途端にまた病院に舞い戻りのてんやわんやだったとか!

主治医も私の容態の変化を聞いて、
直ぐ駆け付けてくださいました。
確か当直先からそのまま直行、
息咳切って長靴姿で!!
そのお姿今でもはっきりと覚えております。
本当に有難かったです。
主治医のお蔭で安心してお産に臨むことができました。

主人と同い年の主治医は、
長女出産時もお世話になりましたが、
大変残念な事に、
数年前他界されました。
主人と共に悲しみが止まりませんでした。
お元気でいらしたなら、
主人だけでなく、子供達とも関わりがあったかもしれないと思うと残念で仕方がないのです。
誠実で信頼のおける温かい方でしたので・・・









アイスルネのこの可愛い真冬のセットは、雪の日にピッタリ(*^^*)

今年は、ペニープレシャスの双子で♥️

雪の日にお写真撮ろうと、
スタンばって待っていたのですよ~*\(^o^)/*


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

♪ ペニープレシャス  orange hair へ

2013年 08月02日 14:55 (金)



これ!これ!まさにこれだわ!

1988年夏。武道館でのBOZのコンサート。
感激しまくって・・・
茫然と・・・
最高な夜。。。



DSC01169.jpg




DSC01170.jpg

DSC01171.jpg




DSC01172.jpg




DSC01173.jpg










DSC01175.jpg



DSC01177.jpg






DSC01180.jpg




DSC01181.jpg




DSC01179.jpg




DSC01187.jpg




DSC01191.jpg




DSC01190.jpg





にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

ペニープレシャス~黒の装い~

2013年 07月21日 00:00 (日)



シューマン 「予言の鳥」(森の情景から)



Ange様の黒いお洋服を、ペニープレシャスの為に買いました。




DSC01069.jpg


デフォ服は、勘弁して下さい(>_<)


DSC01073.jpg




このお洋服、ジュニームーンでブライスが着ていて、とても好みで欲しかったのです!
最後の一つをGET(*^^*)





矢張り黒に目がいきます。









鳥籠エプロンだそうです!





先日のジュニームーンの抽選で、ペニープレシャスを手に入れる事が出来ました!

ジュニームーンすぐそばのパーキングは、1番が空いていて、
整理券の番号も私にとっては最高レベルの二桁で、
この段階でかなり強気になっていました!

抽選番号もラッキーナンバー!

お見事でした(*^^*)






抽選は、結構運が良い事が多いのですが、
殆ど外れる人がいない様な時には、
外れるのです!!

ここで帳尻を合わせているのかな⁈











透明肌、やはり魅力的ですね(*^^*)



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。