09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪

2014年 02月08日 13:16 (土)









ドビュッシー 子供の領分から
4.雪が踊っている




















丁度20年前のまさにこの時期!
東京に大雪が降りました。

私は今にも生まれそうな大きなお腹で、
実家の自分の部屋のベッドから外の雪を
ぼんやり眺めていました。

屋根のあるバルコニーにも沢山の雪が入り込みかなり積もっていました。

私の妹が、そのバルコニーに積もった雪で大きな雪だるまを作ってくれたのです。
私がベッドからよく見える位置に。。。

感激して、涙が止まらなかったことをよく覚えています。

おしるしや陣痛を感じることはまだ無かったのですが、
お腹の張りが痛い程で、
起きているのが辛かったのです。










2月13日の朝、はっきりとお産の兆候を感じ取ったので、入院の用意をして大学病院に向かいました。


とても良いお天気になったのですが、
積雪が凄すぎて、
実家の駐車場から車を出すことが出来なかったのです。

仕方なくタクシーで向かったのですが、
実家からその大学病院迄はちょっと距離がある上、雪の影響でとても時間がかかりました。
タクシーの中で間に合わなくなってしまったらどうしようと気が気ではありませんでした。

病院に着くと、安心したのか
陣痛が遠のいてしまいました。










予定日は、16日。
長男は予定日の二日前に生まれたので、
次男も二日前に生まれてくれれば、
バレンタインなんだけどなぁ~

バレンタイン生まれの男の子がいいなぁ~

そんな事をずっと思いつつ、
いやいや五体満足で生まれてきてくれれば何も望む事などなし!と。。。










すぐにはお産が始まりそうもないほど、
安定してしまったので、
主人は、13日の夜遅くにマンションに戻りました。
マンションは、大学病院から車で10分程なので、
異変が起こったら直ぐ飛んできてもらえる距離です。









主人が横に居なくなってしまい、
殺風景なひとりぼっちのお部屋で不安になってしまいました。

そうこうしているうちに、
本格的な陣痛が始まって、
あれよあれよと言う間に、
14日2時42分、
3872kgの大きな男の子が誕生したのでした!

主人は、マンションに着いた途端にまた病院に舞い戻りのてんやわんやだったとか!

主治医も私の容態の変化を聞いて、
直ぐ駆け付けてくださいました。
確か当直先からそのまま直行、
息咳切って長靴姿で!!
そのお姿今でもはっきりと覚えております。
本当に有難かったです。
主治医のお蔭で安心してお産に臨むことができました。

主人と同い年の主治医は、
長女出産時もお世話になりましたが、
大変残念な事に、
数年前他界されました。
主人と共に悲しみが止まりませんでした。
お元気でいらしたなら、
主人だけでなく、子供達とも関わりがあったかもしれないと思うと残念で仕方がないのです。
誠実で信頼のおける温かい方でしたので・・・









アイスルネのこの可愛い真冬のセットは、雪の日にピッタリ(*^^*)

今年は、ペニープレシャスの双子で♥️

雪の日にお写真撮ろうと、
スタンばって待っていたのですよ~*\(^o^)/*


にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

2014年02月08日 20:11

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年02月08日 22:59

こんばんは。今日の写真はどれも素敵で、雪の降っている風景に引き込まれました。ここはnoriさんのお宅の近くでしょうか?大きな建造物があって、私の近所とは違った都会の雰囲気を感じました。
真っ白に染まっていく街の様子が詩的に感じます。

2人のブライスも柔らかな光を受けて、とても清潔感を感じました。お洋服も背景にぴったり・・・。

お子さまが誕生するお話を読みながら、一つの命がこの世に生まれた時のことを想像していました。以前、「命」という4部作の小説を読んでいる時も、やはり子供が生まれる時の臨場感を感じ、ドキドキしたものです。
どれだけ時が流れても、大切な日の思い出は消えることがないのですね。
誠実な病院の先生の存在もまた、残された者たちの心の中に生きているのだと思いました。

2014年02月09日 00:54

noriさんこんばんは! 
雪すごかったですねー。明日仕事の夫が電車が動くかどうか心配してます。
行かなくていいのに!^△^;
nori さんの出産の時に主治医さんが家に来て下さったのですか?
え・・・それってなんてvip対応・・・。。。...ありえない...
私も長男の時、一回病院に行って陣痛が遠のき、家に帰らされたので、
次男の時は多少の痛みならがまんしていたら、急に陣痛が3分おきになり、
病院について30分、本格的な陣痛がおこって1時間で産まれました。
看護士さんに「もう少し遅かったらタクシーで産まれてたね」と言われて^^;
でも急に産んだから、次男は産道でパニックを起こして、ICU行きに
なってしまったんですよ・・・(・o・;)・・・唖然・・・。
出産の話って、いくらでもできますね。

2014年02月09日 01:41

まさに!まさに!その通りです!!
出産は、女性の人生かけた一大行事ですよね。
ドラマチックすぎます。
そのドラマを忘れる母親はいません。

2014年02月09日 01:52

O先生、こんばんは。

写真は全部自宅の窓から撮ったものです。
自宅の前は大きな公園なので、勇気を出して外撮りできれば、
もっと違った表現ができるのではないかと思うのですが・・・
褒めていただけて嬉しいです(*^_^*)

せっかくの雪を窓越しではあんまりかと思って、
途中から窓を開け、2体のブライスを左手に持ち
右手でiphone撮影!
手が吊りそうだった(>_<)

出産は何事にもかえられぬ喜びです。

2014年02月09日 02:05

ayuちゃん、こんばんは。

東京、真っ白になりましたね~
日曜日もお仕事、ご苦労様です<m(__)m>

まさか、まさか、自宅出産ではないもの、
主治医は家にはいらっしゃいませんよ。
大学病院に真夜中駆けつけてくださったのです。それは大変に有難いことです。
初めてお目にかかる当直医より、ずっとお世話になっている主治医に取り上げていただく方が良いに決まってますものね(*^^)v

長男は無痛分娩だったので、自然分娩は次男が初めてだったの。
2度目の出産とはいえ、不安いっぱいでした。

妊娠出産育児にわたってのお話は尽きませんよね。。。
あまりにもドラマが多すぎです(^_-)-☆

2014年02月09日 12:48

こんにちは

アイスルネの OF を着た双子ちゃん、ペニープレシャスさんだったのですね
すごく可愛いです、ピンクの髪が映えますね

双子ちゃんにした子のデフォ服を、双子ちゃんに着せる
至福の贅沢ですネ


雪のバレンタイン生まれのご次男様も、二十歳に・・・
月日の流れは、速いものですね
命って素晴らしいですね


では、またe-243

 

雪の土曜日

2014年02月09日 17:34

大雪でした。まさに、この曲のように雪が舞っていました。
雪の日の装い可愛い。特にブーツの底が・・・・・。
ブライスさんも着る物で、随分と印象が違う。
雪が積もると後が大変ですが、二人の装いが見られて良かった。
出産はドラマですね、どんなに軽くても。

2014年02月09日 19:29

クランベリイ様、
こんばんは。

そうなんです。
双子のペニーちゃんなら、絶対間違いなくこのお洋服を着こなしてくれると思っていました。
大成功でした(*^^)v
ピンクの髪色、う~んとうなずく感じでしたが、
考えを改めました。可愛いです!大好きです!

大きなドラマは、色あせずにずっとずっと記憶にはっきりと刻まれているのですね。
20年かぁ~(*_*)

2014年02月09日 19:35

ひさりん様、
こんばんは。


今日は、すっかりお天気になり雪も大分解けてしまいましたね。

沢山降っていっぱい積もって、速やかに綺麗に溶けて欲しいなあ~
私の希望する雪の有り方・・・な~んて

この二日、雪のお蔭で非常にのんべんだらりン。
沢山ブライスと関わることが出来ました。
うん、やっぱりブライス遊び、楽しいなあ♡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。