07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aimez vous Brahms?

2015年 03月19日 17:33 (木)



































『さよならをもう一度』の上映を知った日、当日の予定を調整して観に行った。
どうしても観たいので!
チケット完売だったらど~しよう、。、

ギリギリセーフ、席も確保できた。
満席だった!

この映画の原作は、
フランソワーズ・サガン『ブラームスはお好き?』
私の卒論のテーマだったのよね~

















イングリッド ・バーグマンの素敵な事ったらないわ~♡

彼女はヴァンクリのアクセサリーを付け、ディオールの服を次々と着こなす。
本当にもう見惚れてしまう♡
ブラームスの交響曲第3番のアレンジも相乗効果ばっちり♪♪♪

独身だったら、15歳も年下の彼と、ラブラブなんて事もあったのかもしれないのよね~(*^^*)
なんてちょっぴり夢見る気分になれるのも良いわね~♡
















卒論の為に取り寄せた原書たち!

フランス語勉強しなおしたいなぁと、
いつも心の何処かにある。
本当に勿体ない4年間を過ごしたものだ…>_<…























昨日、長男の国試の合格発表があり、
無事合格!
本当にホッとした。

明日は、お昼から卒業式、そして夜は謝恩会。
主人も仕事の休みをとって1日イベント参加。
何と言っても母校なので感慨一入でしょう。。。


明後日は、娘の中学卒業式。
そのまま高校に上がるので、
長男のそれとはテンション違いすぎ(≧∇≦)





にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2015年03月20日 15:03

サガンの小説、日本語で読んでみようと思いました。
読んだはずだけれど覚えていません・・・・・
サルトルとボーヴォワールの関係、おませなサガン、
昔の10代は、そこから香るエスプリに憧れました。
いまだ実存主義は理解していないけど。

フランスは、文化的であり農業国家であり、
また今後も原発大国を続けていくのか?など
国としての生き方を深く知りたいと思います。
日本はアメリカ寄りと思えるけれど
ヨーロッパを参考にしてほしい。

卒論、今みたいにネットはなく 資料探しからして
手探り。原書の表紙、拝見するだけで楽しいです。
Vinさんのお洋服も靴を脱いじゃっているところも
サガンにあってまーす。

2015年03月22日 23:08

ひさりん様

サガンの自由奔放な派手な生活から生まれた小説に興味をそそられたのです。
仏文学に興味があったわけではなかったので、
そんな入り方だったのです。
サガンの小説は全読破したつもりだったけれど、
卒論のあとに何冊か出ていたのですね。
読まなきゃ!!
読書という習慣が私のライフスタイルから完全に消えてしまっていたので、
少しずつ本を読む習慣を身に着けていきたいなあ~なんて思ってます(^^)/

ネットのない時代でしたから、
毎日のように、有栖川の図書館に通いました。
広尾界隈は、懐かしい思い出が詰まってます。
国会図書館にまで数回行きました。

でしょでしょ?
サガンの雰囲気わかっていただけて嬉しいな♡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。