10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長芋アレルギー

2016年 04月15日 23:12 (金)



































昨晩、家族で、神楽坂の鳥茶屋の松花堂弁当をいただいた。
どれもが大変に美味しく、大満足!

おかずの一つに長芋の天麩羅があった。

長芋。。。
10年ほど前のお夕食の時、
長芋を短冊切りにしてわさび醤油でいただいた。お酒の肴としてとても美味しい。

大変な偏食の娘は、食べず嫌いも非常に多く、悩みであった。
夫が上手に長芋を勧めてみると、
美味しいと娘は喜んで少しいただいた。

突然、娘は、
苦しい!と激しく咳き込み、
喉を掻き毟り、わめきだした。
呼吸がしにくいようだ。
突然の容態の変化ですぐに食物アレルギーによるアナフィラキシーショックだとわかった。
その様子を真横で見ていた私もパニックになりそうで、ここは、夫にすべて任せた。

夫がいなければ、間違いなく救急車!

今思い出しても鳥肌。。。

それ以来、長芋、山芋は食物アレルギーとしていつも注意していた。

小学生になった娘はピーナッツでも似たような怖い経験をし、
常に長芋とピーナッツには、ピリピリして生活している。

















先日、うっかり山芋の粉の入ったお好み焼きのようなものをいただいてしまった。
娘が口にしてしまった直後にわかり、
主人もいなかったので、
胸がドキドキして様子を見守っていたのだが、
特に変わったことが起きなかった。

なので、ひょっとして、10年の月日も経ったことだし、いただけるようになっているかもということで、
今回、長芋の天麩羅を食べさせてみた。
とても美味しいと言って、容態の変化も見られず、
意識を長芋から離すため他の楽しい話題で盛り上げた。

ん?

軽い咳をし始める。

嫌な予感は的中し、
以前ほど酷くはないが咳き込み始める。
器官が細くなって締め付けられた感じがすると、娘は冷静に話す。
ちょっと苦しいという。

アレルギー症状を早急に緩和させる薬を飲ませ、
すぐに落ち着いてきたので良かったが、
矢張り、長芋アレルギーは治っていなかった。
















にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村






長芋アレルギーの事を色々調べてみた。

覚書の為

以下引用

神経伝達物質アセチルコリンは、仮性アレルゲンのひとつです。食物アレルギーの免疫反応が起こっていないにも関わらず、アレルギー症状を発症するので、仮性アレルゲンと言われています。

・神経伝達アセチルコリンが原因
長芋には、自律神経失調症状・血管の拡張による全身のかゆみ・動悸・吐き気・嘔吐・期間収縮による気管支喘息を起こす、アセチルコリンが含まれています。

このような症状が食後に出たのに、アレルギー検査で反応が無い場合は、アセチルコリンによる食物不耐症という見解もあります。アセチルコリンが含まれるその他の食品には、トマト・ナス・たけのこ・里芋・ソバなどがあります。
※※
長芋アレルギーは、アセチルコリンによる皮膚症状、呼吸器症状、消化器症状に気を付けなければならないものです。人によっては、かゆみだけで収まる場合もありますが、酷い場合は、アナフィラキシーショックになってしまう事があります。

※※※
長芋アレルギーは完治するということはありません。一度アレルギーを起こしてしまうと、また症状を繰り返します。生の状態でおろしたとろろより、加熱処理や加工処理をすると、アレルギーを起こしにくくなると言われていますが、人によっては発症してしまう人もいます。


※※※※※※※※※※

仮性アレルゲン及びアレルギー誘発食品
(食べるとアレルギー症状を起こすまたは悪化させる化学物質を含む食品、アレルギー反応を起こしやすくさせる食品)

 食物に天然に含まれる化学物質、環境汚染によって蓄積・残留してしまった化学物質などのために、通常のアレルギー反応の経路を通らずに、アレルギー症状が起こったり、もともとあったアレルギー症状を悪化させてしまうことがあります。その食物に対するアレルギー反応ではありません。

 食品には、天然の状態でさまざまな化学物質が含まれています。動物はこれらの化学物質を利用してさまざまな体内の反応を起こしています。しかし、この化学物質は食べたヒトに不利益な反応も起こします。

 例えば、生体内でヒスタミンは体を異物から守るために異物を排除する機能を行っています。脳内では、ヒスタミン神経を活性化させて頭を目覚めさせ覚醒と睡眠のリズムを作るために必要です。記憶力や認知機能・学習力を増強させます。けいれんの誘発も抑制します。アセチルコリンは副交感神経の化学伝達物質として働いています。脳内ではアセチルコリン作動神経を活性化させて目覚め度を増強させます。セロトニンは血管を収縮または拡張させて環境の変化に対する血管の調節能力を活発にします。脳のセロトニン神経の活性を高め、不安感を取り除きます。チラミンやフェニルチラミン、カフェインは交感神経を刺激して活動性を高めます。夏野菜に多く含まれるサリチル酸は、体を冷やして夏の暑さに抵抗できる状態を作りだします。トリメチルアミンオキサイドは魚やエビなどのうまみに関係しています。時間が経つと魚自身の持つ酵素によって、トリメチルアミンという化合物に変化し魚の臭みに変わります。

 食品に含まれるこれらの化学物質の多くは食べても脳内には入らないため、脳での作用はありませんが、脳以外では作用を発揮します。アレルギー体質が強くない人は、これらの有益な反応を求めてこれらの食品をその場の環境・状況や体調に合わせてこれらの食品を好むようになります。

 しかし、アレルギー体質が強く、アレルギー反応が過剰に起こりやすい体質がある場合には、状況が変わってきます。アレルギー体質があっても、体調がいい時は注意しながら食べることは可能な場合もあります。しかし、体調の悪い時やアレルギー症状を起こしている時、年齢が小さな子どもでは、アレルギー症状を増強させてしまう可能性があります。敏感な人では少しでも激しい症状を起こすことがあります。体調不良時やアレルギー症状がある時は多量摂取を避ける必要があります。

 特に、ソバ、ヤマイモ、キウイ、チョコレート、チーズ、ピーナッツ、タケノコ、ナス、トマト、メロンはアレルギーを悪化させる頻度が高いので注意が必要です。

 野菜や果物に含まれる化学物質は、熱を加えて調理すると反応や症状が軽くなる場合があります。また、これらは生の状態では食品そのもののアレルギーも起こしやすい食品です。有機塩素系殺虫剤が含まれる油脂食品では加熱しても影響はあまり変わりません。有機リン系殺虫剤は野菜や果物の表面に付着している場合は水でよく洗うことで軽減できます。人工的な化学物質は脳内に入り込み、脳の正常な働きを阻害します。

 有機リン系殺虫剤や有機塩素系殺虫剤などの環境汚染化学物質、食品中の過剰な女性ホルモンの摂取、解熱鎮痛剤と関連する食品添加物などはなるべく避ける必要があります。

仮性アレルゲン・アレルギー誘発食品の表

含まれる化学物質 起こる反応 食品
ヒスタミン 血管を拡張させ、むくみ、じんましん、発赤、気管支収縮などのアレルギー反応を起こさせる ホウレンソウ、ナス、トマト、エノキダケ、牛肉、とり肉、馬肉、パン酵母、ニシン塩漬け、ドライソーセージ、発酵食品(パルメザンチーズ、ブルーチーズ、赤ワインなど)、鮮度の悪い青背魚(サバ、カツオ、マグロ、イワシなど)
ヒスチジン 乳酸菌などの微生物によってヒスチジンからヒスタミンが作られてアレルギーを悪化させる チーズ、鹿肉、ピーナッツ、アボガドなど
レクチン、エンドトキシン 肥満細胞からヒスタミンの遊離を促進させる 卵白、イチゴ、トマト、パイナップル、アルコール、チョコレート、エビ・カニ類、魚類の一部
アセチルコリン 副交感神経を刺激し自律神経失調症状や血管の拡張、気管支喘息などを起こす タケノコ、トマト、ナス、ピーナッツ(落花生)、ソバ、ヤマイモ、サトイモ、マツタケ、クワイなど
食品に残留した有機リン系殺虫剤 コリンエステラーゼ活性を落としてアセチルコリンの分解を抑制することで、アセチルコリンの作用を過剰に増強させる 輸入小麦粉を使った食品(パン、小麦加工品、麺類など)、輸入野菜・輸入果物、残留がある国産野菜・果物など
食品に残留した有機塩素系殺虫剤 微量に残留した有機塩素系殺虫剤は神経系の興奮を過剰に起こさせて、アレルギー反応を悪化させる 魚(特に油脂が多い魚)、卵・牛乳製品、獣肉の油脂など
グルタミンソーダ グルタミンソーダの代謝異常を有する人においてアセチルコリンの産生が高まることが関与していると推定されている 化学調味料を使った食品(グルタミンソーダを多量に摂取すると15-20分後に全身脱力、顔面紅潮、動悸、胸を締め付けられる感じなどを生じることがあり中国料理症候群といわれる)
セロトニン 平滑筋の収縮、血管の収縮を起し、効果が切れると血管の拡張などを過剰に起こし、アレルギー反応を加速させる クルミ、ヒッコリーナッツ、トマト、バナナ、キウイ、パイナップル、アボガド、プラム
チラミン 血管収縮作用があり、血圧が上昇する。効果が切れると血管拡張が起こり、頭痛、動悸、顔面紅潮、発汗、吐き気・嘔吐などを起こす チーズ(特に古くなったチェダーチーズ)、ワイン、チョコレート、アボガド、プラム、バナナ、ナス、トマト、鶏レバー、ニシン酢漬、パン酵母など
フェニルチラミン チラミンと同様 チーズ(特に古くなったチェダーチーズ)、赤ワイン、チョコレートなど
カフェイン メチルキサンチンの一種で、体内のカテコールアミンの分泌を活発にして交感神経を興奮させ、動悸、不安、不眠、頭痛などを起こさせる 茶、コーヒー、ココア・チョコレート、コーラなどの飲料製品
イノリン 平滑筋に対する交感神経刺激作用によってアレルギー反応を修飾する サンマ、タラ、サケ
トリメチルアミンオキサイド 本来はうまみの成分であるが、過剰摂取によりアレルギー反応を修飾する エビ、カニ、イカ、タコ、アサリ、ハマグリ、カレイ、タラ、スズキなど
自然界のサリチル酸化合物 過剰な反応を起こしアレルギー反応の悪化 イチゴ、トマト、キュウリ、メロン、柑橘類、ブドウなど
解熱鎮痛剤と同様の反応を起こす食品添加物 アレルギー反応を悪化させる 人工着色料、防腐剤・保存剤(パラベン)、人工香料など
リノール酸 ロイコトリエンやプラスタグランディンを産生してアレルギー反応を過剰にさせる 卵、バター、獣肉油脂、植物性油脂など
その他の食品添加物 じんましんの誘発 酸化防止剤(ブチリヒドロキシアニソール:、ブチリヒドロキシトルエン:)、人工甘味料(アスパルテーム)
植物に含まれる植物エストロゲン 女性ホルモン(エストロゲンすなわち卵胞ホルモン)様の作用を起こし、Th1作用を増強させアレルギー反応を悪化させたり、不妊を起こさせる。 大豆(ダイゼイン・ゲニステインなどのイソフラボン類など)、野菜などの植物
食品に含まれる女性ホルモン 卵胞ホルモンがTh1反応を、黄体ホルモンがTh2反応を増強させて過剰なアレルギー反応を誘発する 牛乳・卵・鳥肉や牛肉の油脂
有機スズ化合物 Th2反応を刺激してアレルギー反応を過剰にさせる 貝(特に港に近い場所に棲息する貝)、魚(近海魚)
その他 接触でかゆみを起こす食品 納豆、味噌、醤油、濃い塩味の食品




スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

アレルギー

2016年04月16日 12:02

出産前と子育て中は親子共々用心しましたが、
これを読ませて頂くと
気づかない位の小さなアレルギー反応は
身近に、たくさん起きているのかもしれません。

重篤にある例もあるので、今どきの子は(息子の年代はすでに)
おやつ交換禁止です。

昔の子どもからみれば、寂しいし礼儀的にどうなのかと
思いますが命にかかわるので、学校では絶対禁止。
先生方はぴりぴりしています。

No title

2016年04月18日 17:47

nori様


 食物アレルギーは、本当に大変だとお察しいたします。
 17、8年前、友人の赤ちゃんが白身魚のアレルギーで離乳食で少し白身魚を食べさせたところ、唇が腫れあがりすぐ病院へ連れて行ったので、上のお子さんを預かり一緒に夕飯を食べて待っていた、ということがありました。幸い大事には至らなかったのですが、その様子を見て食物アレルギーの大変さを実感しました。薬は持っておられたようですが、その時以外にも救急車を呼んだ事もあるようでした。常に食べ物には気をつけておられ、今は水を買うのも普通ですが、17、8年前にお水を大量に買って料理を作っておられたので食物アレルギーを持っておられるお子さんのお世話は大変だと思って見てました。
 nori様もご苦労されているのですね。すぐ薬で対処できて本当によかったです。

No title

2016年04月19日 22:24

ひさりん様

私は、アレルギー体質ではないと思っていたので、
出産前は特に何も気にせずに過ごしておりました。

おやつといえば、息子たちの頃は、
幼稚園で毎月御誕生会が行われおやつタイムがあったのですが、
今はもうなくなっているのかもしれませんね。。。

便利な世の中になる反面、
味気なくなっているように感じます。

No title

2016年04月19日 22:40

ミリー様

長男は喘息、次男はアトピー性皮膚炎で
幼少期は一時それぞれに大変な時期もありました。
救急外来に飛び込んだことも、1度や2度ではありません。

長女は、喘息もアトピーもその気はあるかしら?
くらいの軽いもので喜んでいたのもつかの間、
命の危機にさらされるアナフィラキシーショックを起こすかもしれない食物アレルギーだなんて、。。。
一番怖いアレルギーかなって思います。
長芋やピーナッツほどの強い反応が出なくても、
娘は、ちょっとした体調の具合で、特定できない食材でも
口の周りが赤くカサカサしたり、
ひどい時はタラコ唇になってしまうのです。
そのせいか、偏食で、親もついつい甘くなってしまいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。