03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デトロイト美術館展

2017年 01月09日 23:44 (月)























ドビュッシー  喜びの島


























2017年の幕を開けて早9日経ってしまったが、

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。




















さて、
タイトルのこのデトロイト美術館展はどうしても月曜日か火曜日に主人と行きたかった。
二人共通で好きなアーティストばかりのこの展示の写真が撮れる!

唯一一緒に行ける日は1月3日のみ。

駅伝の応援に駆けつけた後、
上野の森美術館へ。

チケット前は長蛇の列!
でも入場制限はされていない。

「会場内は大変混雑しております。」
というアナウンスがあったが、
この日を逃しては行けないので、
人混み大嫌いな私達は、頑張った。









ピサロ









モネ









ヴァロットン









以下6作品はドイツのアーティストで、
全てに何か共通する独特な深い色合いとタッチが妙に響いてしまった。
































































モディリアーニも数展展示されていた。
こちらが1番お気に入り。























けしの花






何と言っても、やはり、マティス♡

新婚当初訪れたオランジュリー美術館で、
一枚のマティスの絵から目が離せなくなった私達。





他にも大好きなピカソやココシュカの絵も沢山撮ってきたのだが、
SNS投稿等一般公開禁止の絵画もあって、
残念ながら、このブログに残すことは出来ない。

















人に酔ってしまったせいか、


上野の森美術館を出ると、
冷たい空気が気持ちよすぎる。

少し歩こうということで、
東大キャンパスを横切った。


















今日は、母の祥月命日。
15回忌。

今年は酉年、
生きていたら、年女で84歳になったのね。





















今の私の年齢の時に初孫が生まれ、
まだまだ50代の母は、孫におばあちゃまと呼ばれたくないと言っていた。
長男がいつからか タータン と呼ぶようになってその呼び方が定着した。
なので、家族は皆タータンと呼ぶようになり、
他界してもずっとタータン。




















一本の白髪も許せないような黒髪の母から
もし生きていたら84歳である姿を
想像するのは難しい。




















にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今年もよろしくお願いします

2017年01月10日 09:50

ご夫婦で美術館に行かれる事はとても羨ましいです。
相性と趣味が一致するなんて最高v-343

うちの母はnoriさんのお母様より一つ年上
息子は「ママ」とよんでいました。
髪は丈夫で染め出したのも70才すぎで
真っ白になることはなく、ずっと黒髪でした。

だからお母様も黒髪のままだったかもしれません。
私とは相性の悪い親子でしたが、
いないと寂しいかも・・・・・

No title

2017年01月10日 23:13

noriさん、今年もよろしくお願い致します♪

うちの母は今年86歳。。。
と書いていて今さらの高齢に驚いていますが。
そして昨年は父の17回忌でした。
父が存命だったら今ごろどんな生活になっていたかな、と
考えたりします。
シビアな話、いろいろ病院通いで大変だろうなぁ。
母は一人になって寂しくなった反面、趣味に没頭する事ができたので、
人生何が正しくて正しくないか本当にわかりませんね。

デトロイト展行きましたよ~♪
私も火曜日写真撮れる日に行ったんですが、
美術館で絵画を目の前にしての撮影は初めてなので、
何だか作品がホンモノに見えない錯覚に陥ったくらいでした(^-^;

ピカソの3つの女性の肖像画は作風の劇的変化が面白かったですよね。
ルドンの蝶も見られてよかった。
フォービズムの作品も楽しめました。
でもそれ以上に会場が暑くて一人大汗かいての鑑賞でしたよ!

No title

2017年01月11日 14:37

デトロイト美術館展へ写真を撮れる日に行かれたのですね。うらやましいです。私は11月にデトロイト美術館展へ行きました。予約が取りにくいお店のランチを決めた後に、長男の嫁からデトロイト美術館展の招待券を貰ったので、写真が撮れない日に行きました。写真が撮れない日だったのでそれほど混んでいなかったです。おもわず、モネのグラジオラスの巾着を買ってしまいました。あと、チケットをくれた嫁にもお土産を忘れずに。入口のゴッホの看板の絵も迫力がありましたね。

ブライスさんの赤のドレスの薔薇がとても素敵ですね。大好きです。

箱根駅伝はいつもテレビを見て応援しています。子どもたちが頑張っている姿を見ると応援したくなります。

今年も宜しくお願い致します。

No title

2017年01月12日 20:00

ひさりん様

今年もマイペース更新ですが、どうぞよろしくお願い致します。

主人とは、好みが違うことも沢山あるのだけれど
絵画に関しては、かなり趣向が一致しています。

私も母とは決して相性が良いということはなく、
未婚の時はぶつかってばかり。。。

私が親になってからけんかも少なくなりましたが、
でも時々派手にやっていました。

母が他界するあたりにはお互いぶつかることもなかったのです。
不思議なことが沢山あります。

何年経っても寂しいです。

No title

2017年01月12日 20:26

さこみん様

相変わらずのマイペース更新ですが、
宜しくお願い致します。

お母様、86歳のご高齢で趣味に没頭していらっしゃるということは、
心身ともにご健康なのですね。
素晴らしいですね😊

私の父は、88歳ですが、大病も致しましたし、
次から次へと不調が湧き出てきて、
寄り添うこちらも辛くなります。

デトロイト美術館展、激混みの中、ゆっくりか観賞するというのとはかけ離れた状況でした。
こうなったら、好きな写真は全て撮ろうと、なんか躍起になってしまいました!
コートもバッグも主人に持たせ、
私はiphoneのみで出来るだけ綺麗に撮れるように頑張りました。
でも、写真に収めるより、じっくり観賞したかったなあ〜と。
自分のカメラに収めなくても、図録を買えば良いことだし・・・

No title

2017年01月12日 20:37

じっくり絵画を観賞されたのですね。
羨ましいです。
写真が撮れる日に行ったからそんなことがいえるのかもしれませんが・・・

お嫁様とも仲良しはお幸せですね・・・❤️
ハワイのお写真を思い出してしまいました❤️

この赤いドレス、ミリー様のお好みですね!
よ〜く分かります😊
私の披露宴でのお色直しのドレスが赤に黒だったの。
ちょっと雰囲気が似ているのよ。

箱根駅伝、生で応援したのは初めてでした。
ジンときました。

いつも素敵なコメント有難うございます。
今年もよろしくお願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。